【vol.043】鮨 志の助 その2(金沢駅/石川県金沢市/寿司)


寿司|〜20,000円|おまかせのみ|カウンターのみ|

年に1度は必ず行く金沢のお鮨屋さん。五感すべてを使って楽しめる日本最高峰の握り。カウンター8席、大将と女将の2人というスタイルも鮨屋の理想形です。

 

他の『鮨 志の助』さんの記事
【vol.001】鮨 志の助(金沢駅/石川県金沢市/寿司)
【vol.101】鮨 志の助 その3(金沢駅/石川県金沢市/寿司)

 


金沢駅西口からタクシーで10分ほど。今まで運転手さんに「志の助までお願いします」と言ってわからなかった人はいませんでした。

 


メニューは基本的に「おまかせ」のみ。今回もアテからお願いしました。

 


キリン一番搾り中瓶。まずは喉を潤して。

 


サヨリ。サッとすだちを搾って。

 


万寿貝のバター焼き。お酒がすすみます。

 


お刺身用の醤油皿。わさびと生姜で醤油を使い分けできます。お塩は能登のもの。

 


ガスエビ。もちっと歯に絡まるような食感。

 


アラ。噛むごとに増す甘みが素晴らしいです。

 


ほたるいか。ぷるんとした食感、ワタの旨味がたまりません。

 


小鯛。ポン酢、もみじおろしで。

 


獅子の里の純米酒。石川県加賀市の松浦酒造の日本酒です。

 


握りへ。

 


アカイカ。ねっとりとした旨味が舌を包む。ほのかに香るゴマとワサビ、そしてシャリのお酢のいい香りが鼻を通ります。

 


のどぐろ。ふわっとした身、シャリも絶妙にほぐれます。

 


甘海老。何度見ても自然の色とは思えないコントラストがたまらない1貫。まろやかな甘み。

 


バイ貝。肉厚でザクザクッとした独特の歯ごたえ。

 


ウニ。口に含んだ瞬間の崩れ方が芸術的。

 


炙りトロ。毎回、驚くほど美味しい。

 


蒸しアワビ。シャキッと心地いい歯ごたえとふんわり広がる香り。

 


鯛の昆布〆。ふわっとした厚めの身と上品な昆布の旨味のバランスが絶妙です。

 


手取川の山廃仕込本醸造。金沢ではおなじみ、石川県白山市の吉田酒造店の日本酒です。

 


アジ。脂がしっかりのってます。

 


ハマグリ。シャクシャクっとした食感。

 


アナゴ。ほっくりと甘味を感じる穴子、そして柚子の香り。ちなみに握りで使うお塩はオーストラリアのものだそうです。

 


鯛のあら汁。

 


一旦、おまかせは終了。ここからはお好みで。

 


サヨリ。青魚独特のコクと旨味を、すだちと紫蘇の香りが引き立てます。

 


まぐろ漬け。まろやかな口たり、そしてマグロの旨味もしっかり感じられる絶妙な漬け具合。

 


うなきゅー。炙った鰻の香り、甘すぎないタレ、キュウリのフレッシュ感。最高の〆です。

 

今回はこれで16,000円強。いつも食べ終わったあとは本当に感謝の気持ちでいっぱいになります、「こんなに美味しいものを食べさせていただき、ありがとうございます!」と。今回は初めて春の訪問だったのですが、夏や秋も食べに来たいと思います。

 

他の『鮨 志の助』さんの記事
【vol.001】鮨 志の助(金沢駅/石川県金沢市/寿司)

 

引き続き、毎年通わせていただこうと思います!(2016.05)


店  名:鮨 志の助(金沢駅/石川県金沢市/寿司)

最寄り駅:金沢駅(西口)
交通手段:タクシーで約10分
住  所:石川県金沢市入江3-73

“石川県金沢市入江3-73”

営業時間:12:00〜14:30(最終入店13:30)
     18:00〜21:00(最終入店19:00)
定休日 :水曜・日曜・祝日

電話番号:076-216-5280(予約可)
予  算:〜20,000円(夜)
座  席:カウンター席

公式ホームページ
http://www.shinosuke.net/index.html


関連記事

Comment





Comment