【vol.038】鮨 山もと(岡山駅/岡山県岡山市/ランチ寿司)


ランチ寿司|〜5,000円|おまかせのみ|

研究熱心で実直な大将が握る岡山市のお鮨屋さん。握り1貫から店内の落ち着いた雰囲気まで、お鮨を味わう環境として極めて洗練されたお店です。

 


岡山駅からタクシーで7分ほど。徒歩でも15分くらいで歩けます。

 


店内はカウンター10席。予約状況によっては12席まで増えるようです。個室もあるようですが、カウンターからはわかりませんでした。

 


お昼は大将と女将の2人スタイルでした。

 


ランチは5,000円の「おまかせ」のみ。

 


ガリ。

 


葉わさび漬け。

 


メイカと山椒の葉。塩で。山椒の葉と山葵の香りが食欲をかきたてます。素晴らしい先付け。

 


炭屋彌兵衛の純米吟醸。雄町米。すっきり辛口、お鮨によく合います。最初は頼むつもりがなかったのですが、先付けや葉わさび漬けに刺激されてつい。

 


鯛。

 


まぐろ赤身。

 


小鯛。

 


赤貝。醤油をサッと付けてから、その後にお塩とすだちを軽く振かける。1貫ごとにこのような細かい仕事をされていました。

 


さより。キリッとした山葵が印象的。

 


カツオ。爽やかなネギの香り。

 


サワラ。まろやかで上品な脂。岡山ならではの1貫。

 


平貝。シャキッとした噛みごたえ。

 


のどぐろの炙り。炙ることで独特の香りが引き立ちます。絶品。

 


アジ。ふっくら肉厚。

 


トロ。

 


コハダ。

 


車海老。茹でたてでプリッとした食感が素晴らしいです。柚子の皮を振りかけて。

 


ハリイカ。通称スミイカ。ねっとり舌に絡む甘み。

 


ウニ。パリッとした海苔とのコントラスト。

 


黄ニラの味噌汁。黄ニラも岡山さらではの高級食材ですね。

 


玉子。焼きたてでぷるっぷる。少し甘みがありとても美味しいです。

 


トロ巻。〆。

 

今回はこれで5,900円。(2人で11,800円、日本酒を割り勘しています。)お酒を頼まなければ、17貫に先付け、汁物に巻物でジャスト5,000円。正直、信じられないです。あまりにも良心的です。止まらずどんどん出てくるので、途中で「間違えて予約をしてしまったのではないか…。5,000円でこんなに上質な握りが何貫も出てくるはずがない…!」と不安になるくらいでした。これは本当に。笑

淡々と握る寡黙な大将、山本淳さん。伝統を守りつつも研究熱心で実直、という言葉が立ち振る舞いも含めぴったりです。店内や白木の一枚板のカウンターもお鮨を味わう環境として非常に洗練されています。実は『鮨 山もと』さん、2016年の岡山芸術交流のアーティストディナーでの出店もされています。

 

岡山に行く予定が決まっている方は是非早めにご予約を。(2017.03)


店  名:鮨 山もと(岡山駅/岡山県岡山市/ランチ寿司)

最寄り駅:岡山駅(城下駅)
交通手段:タクシーで約7分(徒歩6分)
住  所:岡山県岡山市北区弓之町12-6 レジデンス弓之町1F

“岡山県岡山市北区弓之町12-6”

営業時間:12:00~14:00
     18:00~22:00
定休日 :日曜・祝日

電話番号:086-232-3900(予約可)
予  算:〜5,000円(昼)
座  席:カウンター席|座敷|個室あり


関連記事

Comment





Comment