【vol.085】玄鮨 その2(新代田駅/東京都世田谷区/寿司)


寿司|〜5,000円|24時以降入店可|テレビあり|

繊細で美しい握りがリーズナブルに食べられる新代田のお鮨屋さん。深夜24時をまわっても営業しており、地元にも愛される知る人ぞ知る環七の名店です。

 

他の『玄鮨』さんの記事
【vol.018】玄鮨(新代田駅/東京都世田谷区/寿司)

 


新代田駅から徒歩2分ほど。環七沿いにあります。

 


カウンターに着席。ちょっと今回は軽めの飲み使いに。24時過ぎだったので、念のため一本電話を入れてから入店。

 


田酒の特別純米酒。青森県青森市の西田酒造店の日本酒です。すっきりしつつもコクがあり、お寿司によく合います。

 


いかげそのサラダ。お通しです。

 


活ツブ貝刺。コリッとした食感、ほのかな磯の香りがとてもいいです。ボイルされた肝も濃厚でいいアテ。

 


生牡蠣。三陸のものです。なんとも立派なカキ!レモンを搾って、ツルンと一口でいただいちゃいました。

 


醸し人九平次の純米大吟醸。愛知県名古屋市の萬乗醸造の日本酒です。フルーティな香りとまろやかな甘さのバランスがよく、非常に飲みやすいです。

 


本日の日替り5貫、1,200円を注文。深夜にこのお値段でしっかりした握りが食べられるのは本当に嬉しいですね。〆にぴったりです。

 


まぐろ。なめらかな舌触りがたまりません。

 


鯛。まろやかな旨み。

 


コハダ。丁寧に〆られた、絶妙な酢加減。

 


サワラ。サッと炙ってくれているので香りがとてもいいです。

 


島鮨。伊豆諸島・八丈島の郷土料理です。コリッとした食感、カンパチの脂と漬けの相性もよく、そこにカラシが加わることで最高のアテに。日本酒がすすんじゃいます。

 


作(ザク)の恵乃智(純米吟醸)。三重県鈴鹿市の清水清三郎商店の日本酒です。サラリとした口当たり、〆にぴったりの1杯。

 

今回はこれで1人当たり3,000円ほど。(3人で9,000円ほど。)ちょっと刺身をつまんで、日本酒をチビチビいただき、最後に5貫で〆る…。深夜のお寿司屋さんの贅沢な使い方をさせてもらいました。日本酒が充実しているので、飲み使いにもおすすめなんです。

 

引き続き、通わせてもらおうと思います!(2017.06)


店  名:玄鮨 その2(新代田駅/東京都世田谷区/寿司)

最寄り駅:新代田駅
交通手段:徒歩2分
住  所:東京都世田谷区代田6-29-8

“東京都世田谷区代田6-29-8”

営業時間:18:00〜翌1:30
    (23:00以降入店の場合は要確認)
定休日 :水曜

電話番号:03-5453-7789(予約可)
予  算:〜5,000円(夜)
座  席:カウンター席|テーブル席|座敷|個室あり


関連記事

Comment





Comment