【vol.018】玄鮨(新代田駅/東京都世田谷区/寿司)


寿司|〜5,000円|24時以降入店可|テレビあり|

繊細で美しい握りがリーズナブルに食べられる新代田のお鮨屋さん。深夜24時をまわっても営業しており、地元にも愛される知る人ぞ知る環七の名店です。

 

他の『玄鮨』さんの記事
【vol.085】玄鮨 その2(新代田駅/東京都世田谷区/寿司)

 


新代田駅から徒歩2分ほど。環七沿いにあります。店内はカウンター8席、4人がけのテーブルが1つ、奥には個室になる座敷もあります。

 


伯楽星の純米吟醸。少し酸味がある爽やかな香り、お寿司にばっちり合います。

 


いかげそのサラダ。お通しです。

 


特選にぎり12貫、3,000円。『玄鮨』さんでは最上級の「おまかせ」です。ほか、お好みはもちろん、おまかせは本日の日替り5貫(1,000円)から。

 


中トロ、鯛の昆布〆、コハダ、赤貝、島鮨。握りは若干小ぶりながら繊細で美しい。当然、味も間違いないです。

 


まぐろ漬け、大トロの炙り。全て味付けがされた状態で出てきます。どの握りもとても丁寧な仕事をされています。この価格でしっかりしたマグロの赤身、中トロ、大トロが食べられるのは本当に嬉しい。

 


いくら、ウニ。シャリも程よい酢加減、いくらやウニともバランス良く調和します。

 


金目鯛、カツオ、穴子の白焼き。特におすすめしたいのが、穴子の白焼き。ふっくらふわっとした食感と口いっぱいに広がる穴子の甘み。絶品です。

 


ここからはお好みで。

 


島鮨。大好きなのでアンコール。ちなみに島鮨とは、伊豆諸島・八丈島の郷土料理だそうで、白身の魚を中心に醤油漬けにし、練りがらしで食べる握りのこと。
からしで食べるお寿司自体が珍しいのに加え、これがとっても美味しいんです。この日はカンパチの漬けでした。

 

今回はこれで4,800円。このクオリティの12貫に加え日本酒1杯とお好みを頼んでこの価格は、どう考えてもリーズナブルでしょう!どの握りも間違いない安定感がありますし、店内の穏やかで落ちついた雰囲気も魅力の一つです。大将の亀谷さんは寡黙な職人気質ですが、話しかけてみると穏やかで優しい方です。そして大の野球好きです。笑

さらに嬉しいのが、『玄鮨』さんは深夜24時をまわっても営業をしているんです(23時以降は一応電話で要確認)。深夜に落ちついたカウンターで美味しい握りをつまめるお寿司屋さんって本当に少ないので、大変重宝します。環七沿いということでタクシーだと割と都内どこからでもアクセスがよく、深夜でも常連さんで賑わっていることが多いです。

 

まず一度行ってみてください!知る人ぞ知る名店です。(2017.03)


店  名:玄鮨(新代田駅/東京都世田谷区/寿司)

最寄り駅:新代田駅
交通手段:徒歩2分
住  所:東京都世田谷区代田6-29-8

“東京都世田谷区代田6-29-8”

営業時間:18:00〜翌1:30
    (23:00以降入店の場合は要確認)
定休日 :水曜

電話番号:03-5453-7789(予約可)
予  算:〜5,000円(夜)
座  席:カウンター席|テーブル席|座敷|個室あり


関連記事

Comment





Comment